そこまで!~今は三国志大戦~
三国志大戦2、3の日記とか、その他ゲームの話メインです。 たまに違う話もします。 意外と多趣味なんです(^^;
Counter

Profile

Author:とし
三国志大戦3
(2009.11.3現在)

メインIC:青色弓騎兵 5品
サブIC:蒼色弓騎兵 10品
ネタ(車輪)IC:黒色槍騎兵 8品

メインデッキは赤壁手腕

メイン活動地域は相模原。
ホームはGameCity BW店

三国志大戦2の時の履歴。

メインIC:とし
サブIC:ヨワヨワ
ネタIC:黒色槍騎兵

メインは8州、ネタ5州、サブ2州

デッキは
UC程普、SR呉夫人、R馬孫策、R赤壁周瑜、UC阿蒙
など

傾国デッキや呉バラ、車輪デッキとか。あとワラワラもやったなぁ。

いつでも敵は天啓!(特に賢母天啓、麻痺矢天啓)
大嫌いでした。

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ダブルライダー
さっくり7品へ逆戻りしました・・・orz
しかしまあ、これはしょうがないんですが。

相手はタイトルどうりです。

相手:SR馬超、SR趙雲、SRホウ統、C麋夫人

こちらはいつもの黄中弓ワラ。

開幕はこちらのペース。KDAはホウ統踏んで撤退するも、弓隊がSRホウ統を壊滅する。こっちのゴリラと姫は城壁に取り付く。

すると相手のSR趙雲はこちらの城門へ。いいのかな~と思っていたらSR馬超が猛突進。オーラをまとっているため弓隊の効果が全くなく、あえなくゴリラと姫が撤退。しかし二人とも一撃づつ城を殴り、更に撤退直前に姫が串刺しにしたため、その後の弓で馬超を撤退させる。

SR趙雲には復活したKDA張り付き。その間にC沙摩柯が城壁へ。
黄中が麋夫人を撤退させる直前!「身代わり」発動!
馬超復活!まじですか?
沙摩柯瞬殺。黄中、張任は早々に引き上げて趙雲を撤退させるも後ろから馬超猛追!黄中が撤退し、張任がやられそうな寸前姫登場!

天罰よ!

ほぼ満タンの馬超撤退!素敵です、姫(笑)

で、当然勝ってるものと思ってゲージをみると、あれ?一発分くらい負けてる?
騎馬とはいえ城門への攻撃は大きかったようです。

ここからの巻き返しはダブルライダー相手には厳しく、(白銀馬超は姫で追い返しましたが)槍兵は姫だけという相性の悪さもありこのリードを保たれたまま敗北。

状況は常に確認しなければという教訓でした(^^;

今回は相手の騎馬(特に馬超)の印象が強く、奴一人にやられた感じです。SRホウ統などホントに影薄かったですよ。
スポンサーサイト
TOP
好きなカード
みなさんも好きなカード、嫌いなカードってあると思います。
相性のいいカード、とでも言いましょうか。
僕の場合はそれが夏侯月姫です。
ちょっと前までは黄忠弓ワラにいたのは張宝くんでした。彼は歩兵ではあるものの武力3ですし、知力7の落雷を持っていますし。
ところが、何故か彼ではちっとも勝てません。相手が悪いというか、何と言うか・・・

で、試しに張宝を夏侯月姫に代えてみたら、なんとそこから一気に6連勝!これはどういうことなのか?と思いましたが、まあ、個人的にもかわいいお姉ちゃんの方が良いですし、私のデッキの中では不動となりました。
そもそも私はダメ計専門です。火計でも水計(得意ではない)でもいいのですが、私の計略といったらまずダメ計です。
しかも夏侯月姫は優秀で知力9以下ならまず撤退させます。にもかかわらず、彼女の士気は6でいいのです。火も水も7必要です。この1の差は大きいです。(徐庶?いたっけ?

今でも彼女には大変お世話になっております。
ちなみに嫌いなカードは・・・

これはまた、後日に書きますね。
TOP
久しぶりに
昨日6品へ昇格しました。しかも久しぶりの討伐成功です。やはり弓隊を1部隊増やしたのが大きかったです。さらに、高武力の弓とかが伏兵を踏まないように配置も考えました。

今回使ったデッキは

R黄中、張梁、張任、KDA、夏侯月姫、C沙摩柯

SR孫尚香より知力は1下がりますが、勇猛持ち、しかも計略が零距離戦法ですから、彼しかありません!
黄祖も考えたのですが、弓兵の伏兵は一体で十分。最初から活躍してくれなければ一枚増やした意味が無いからです。

確かにデッキは安定した方向に行っていますが、今回勝ったのは少しスキルが上がったからかも?とも思っています。
というのは相手の方がしたミスがかなり判ったからです。

今までは勝っても負けても原因が良く判らないことがありましたが、今回は計略の使い方から攻撃の仕方まで、なんとなくですがミスが判りました。

例えば張遼とR周瑜がいるデッキと戦いましたが、こっちは城門前に沙摩柯1人、敵は張遼とR周瑜で攻めてきます。
こっちはKDAが回復していましたが、他はまだ復活待ち。私としては時間を稼ぎたいところです。
ここで相手が取った戦法は、沙摩柯1人に火計!

この時点で勝ったと思いました。もしこれが神速なら多分負けていたか、ぎりぎりの試合だったでしょう。

こちらはといえば復活した夏侯月姫が体力満タンの張遼を落雷三発でお帰り頂き、周瑜はKDAと復活したR黄忠で倒しました。
こちらの夏侯月姫は張遼か、計略使う前のR周瑜に絞って落雷落としてましたから、敵は嫌だったでしょうね(^^;
ほとんど張遼に仕事させませんでしたし。でも満タンのR周瑜は落雷3発でも撤退しませんでした(瀕死でしたけど)
さすが知力9です。

TOP
誕生日
今日は僕の誕生日です。
大昔は誕生日がとっても楽しみでした。
今はあんまり楽しくありません(爆)
むしろ来なくていいです。できることなら9月21日を永久欠日(?)にするように関係筋に訴えたいくらいなのですが、同じ誕生日の未来ある少年少女に気の毒なのでやめているのです(笑)

なので今日は三国志大戦はお休みです。
一応妻帯者なので、祝ってくれるというのに三国志大戦やってて、はっと気が付けば10時を回っていた、などということは今日に限ってはありえないことです。(もちろん奥さんの誕生日は言うまでもありません)

自分の誕生日なのに自分のやりたいことをやれないのもどうかとは思いますが、こういうものです(^^;

今更の誕生日は楽しいものではないですが、やはり無事に生き延びてるのだなと思うと、嬉しく思っています。
TOP
デッキの検討
昨日の今日で少々デッキを考える。
天啓はやっぱり今からつめるにはちょっとなぁ、ということで相変わらずの弓ワラ。
今回考えたのは

自分:R黄中、張梁、張任、KDA、夏侯月姫、SR孫尚香

今回は魏延を孫尚香へ。騎馬で遊撃するより一点集中での破壊力を増そうと弓兵を探すも、手元にあったコスト1.5の弓兵は彼女だけ。しかも「蜀への援軍」とかいう計略も最前線は大抵他軍の人たちなのであんまり意味無し(爆)

兵法は連環Lv2

で、開戦。

相手はR孫策とその他(オイ

とにかく一枚弓が増えただけでこうも違うのかというくらいの破壊力。
序盤にして敵壊滅。
こっちはKDAと夏侯月姫が撤退したのみでこれは予定どおり。
張任は瀕死だったけど黄中、SR孫尚香は八割方体力を残し、張梁は残り半分の体力。
ここで城門前に移動し、ゴリ+3枚弓のマウントポジションへ
この弓が8+6+5=19という攻撃力。

相手も回復しては19の弓に瞬殺されるという・・・
そしてゴリラはバナナ食べまくり。

このまま落城。

開幕デッキとしては理想的な展開でした。しかし弓兵強いなぁ。
これですもの、太史慈での弓デッキはもっと強いんですかね~
ただ腕の要素(というか初期配置)でかなりその後の展開変わってきますから、この辺は経験なんでしょうね。

事実今回は2勝1敗。1敗は開幕にいきなり黄忠の目の前に伏兵置かれていて敵の方から接触。黄忠一発退場からなし崩し的にやられました。

この辺がまだまだってとこですね(^^;
TOP
全体強化
私は全体強化の計略が好きではありません。
何故なら敵に回すと手のつけようがなく、自分で使うと何故か弱いからです(オイ

今まで覚えている中で強烈だったのがR郭嘉の後方指揮3度掛け。そこまでに落城できなかったのがすべてではありますが、爆発的な攻撃力に圧倒された記憶があります。

そこからしばらくはあまり怖い全体強化使いに合わなかったんですが(もちろん大徳劉備とかいましたが、何故か防げたりしてあんまり怖くありませんでした)
しかし今回、久しぶりに場を圧倒されるデッキに会いました。
その名を「賢母天啓」デッキ

自軍:R孫堅、R孫策、R周瑜、R周泰
そう、私もバージョンアップ前に天啓の恩恵にあずかろうとしてみた訳ですが(^^)

相手:R孫堅、SR呉夫人、Uリョウ統、U程普、U諸葛瑾、と誰か

とにかく序盤を耐え忍ばれます。
そんでおもむろに全軍一列に出陣し、

蹴散らせ!

ここでこっそり近づいた周瑜が端からSR呉夫人以外に火計を放つも誰も撤退せず。いや~賢母かかってるとみんな強いわ。

んで少し士気ためてから今度は男の声で

蹴散らせ!

弓兵のくせに強いの何の!
全滅して落城。

まあ、もう少し戦い方があったなぁと思いましたが、何せここまで賢母天啓が強いとは思いませんでした。

そろそろ、デッキ考えないといけないかも知れません・・・


TOP
最初の頃
いろんなうまい方々の日記を読んでいるとたいてい、級の内はCOM戦でやっているといいと書かれている方が多いです。
僕は実はあまりそう思っていません。チュートリアルはもちろんやったほうがいいですが、やっぱり対人戦の方が圧倒的に面白いからです。
(そういえば今でもまだ初心者狩りってあるんですかねぇ?)

しかも経験値のもらえ方も段違いですし、騎馬の動かし方の練習とか、デッキの研究とか、そういうの以外はいきなり実践でOKです。
そりゃ負けるでしょうが、何で負けたか考えられるからです。

とは言っても最初のうちはデッキパワーで負けることが多いです。
いきなり強いカードは持ってないはずですからね。いいカードが1,2枚引けるまでは負けることが練習みたいなもの。それでもCOM戦で何もせず勝つより必死で対人戦で負ける方がなぜか上達が早い気がします。

しかし何といっても勝負は品になってから!
ここはまだ僕も修行中ですのでなんとも言えませんが、財力の違いはやはり大きいです。あせらず自分のペースで遊ぶことが大事ではないでしょうか?

そういえば僕のスターターキットは呉でした。初めて引いたカードはC呂範でした。しかし彼の伏兵&火刑は強く、最初のうちは快進撃でした。しかしそのうち騎馬デッキにやられはじめ、R曹操を引いたこともあって騎馬デッキを試します。しかしどうやら私は騎馬が苦手ならしく、ちっとも強くありません。どうしたものかといろいろ試行錯誤した結果、槍を中心とした槍デッキでしばらく戦っておりました。これは結構良かったです。槍ワイパーは強かったですし、自分には合っていたようです。しかし機動力のなさを突かれて負けることが多くなり、(もちろん腕のせいなんですが)試行錯誤を繰り返しているところです。

しかしこのゲーム、デッキを考えるところからすでにゲームが始まっているわけで、なんて奥深い!

夢の中でデッキを組んでたり、戦ってたりすることも良くあります。
皆さんはどうですか?
TOP
ならば俺も!
ここんとこ何故か攻城兵デッキに良く会います。たいていはネタデッキですので生暖かく戦う訳ですが、たまに洒落にならないこともありまして、昨日の戦いを基に自分も攻城兵ネタデッキで遊んできました。
考えたのは

SR甘寧、R諸葛亮、張梁、KDA、UC典韋
兵法 速軍の法 Lv2

狙いは昨日くらったのと同じ開幕片側よせ、速軍で一気に攻城!もしものだめでもSR甘寧が敵をひきつけているうちに反対側にステルス諸葛亮が現れるというコンセプト。

では、出陣!

相手はSR周瑜、SR曹操、R趙雲
変則ケニアデッキ?
でも枚数少ないからひょっとしていけるか?

開幕はR諸葛亮は右端、残りはKDAを前に左側による。
敵は城門前にR趙雲
スタートと同時に兵法発動!
伏兵を懸念してまずはKDAと張梁が前進。R趙雲がかけつけてくるが、KDA、張梁でダブルブロック。更に典韋参戦。趙雲撤退。しかしKDAも瀕死。この頃には城端にSR甘寧が取り付く。右端はR諸葛亮がのろのろと進む。ステルスしてると速軍でもこの程度なのね(^^;

ここでKDA前進すると

天は我に味方せり!

KDA撤退。しかし姿を現したSR曹操は突撃体制に入る前に乱戦から典韋の槍ワイパーで撤退。ここでSR甘寧様の一撃!
更に張梁が城門で攻城しようと城門前に前進。しかしSR周瑜を踏んでしまい撤退。
すかさず槍ワイパーでSR周瑜撤退させるも典韋も瀕死の状態。

ここでSR甘寧様2撃目!あれ?これで落ちないの?
敵復活したSR曹操登場、典韋、SR甘寧相次いで撤退。

しか~し!ここでステルス諸葛亮が右端に登場!
気づいた曹操が左端から走ってくるが

来たでしょう、勝利をもたらす風が!

って別に風吹かせてないけどさ(^^;

なんかやっぱはまると勝てますね。
でもそのあと3戦ほどしましたが、結果は2勝2敗。
やっぱちゃんと対策できてる人には通用しません。
あと弓矢デッキには相性悪いですね~

ていうか、やっぱネタですね~(^^;





TOP
んじゃ、始めましょ(^^)
人様の三国志日記を見ているうちに自分も書きたくなったので始めてみました。
なにしろ時間も金もなく、しかも弱いので毎日は更新できないでしょうけどね(^^;
相模原で遊んでいる人たちと仲良くなれたりして、うまい人に教えて貰いたいですね~。

そんな訳で早速この間戦った戦果

自分:R黄中、張梁、張任、KDA、夏侯月姫、R魏延

黄中での弓ワラ。今のメイン。何故黄中かは太史慈がいないから(爆)
でもこれが意外といい感じ。
5品まではこれでいきたいところ。
兵法は再起Lv8

んで

相手:SR甘寧、張梁、KDA、他周倉、あと何か(忘れた)

場所は真ん中に岩場、あとは平地。
こちらは左側に固めて配置。魏延だけ城門前。

開幕。相手は全部右側に配置されてる。
まさにワラがお互いに攻めれる格好。
これはもらったか?攻城兵は足遅いし、魏延いるし、いざとなったら反逆しちゃうし。こっちの足を止める兵はいないし。ていうか、そのデッキはネタでしょ?

ここで相手

兵法 速軍の法 Lv2

なっに~(゚o゚)

ちょっと考えればわかりそうなものだったんですが、後の祭り。
速攻で城門に張り付く甘寧様。
もちろん魏延特攻!しかし張梁、KDA、のダブルブロックにあう。

城のひとつやふたつ、俺ひとりで十分よ!


はい、開始数カウントでした。

たま~にくるネタデッキにとても弱いです(^^;

TOP

Calendar

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。